本当に今さらだけど、新電力への乗り換えは大丈夫なの?(不安定?部屋の照明が暗くなる?)電力システム改革を解説しながら、電力が公平に安定供給される理由を教えます

電力小売全面自由化

 今さら?!と思われるかもしれませんが、今回は「新電力」についてと、それを選べるようになるに至った国の「電力システム改革」について書いてみました。「今さら?!」要素は、このブログの醍醐味なので、どうかお許しください。

 2016年からの電力小売全面自由化実施で、一般家庭でも好きな電力会社を選べるようになり、「新電力」と呼ばれる大手電力会社以外の会社が増えてきました。そして、ネットなどで料金の安い会社などを探して電力会社を切り替えている方が多くなっています。

 その「新電力」って本当に安全・安心なの?電力会社は何を基準に選べば良いの?そう思われている方は、この記事を参考にしてみてください。

新電力って電力供給は安定してるの?

 すぐ停電にならないか?電力の供給が不安定?など、新しい電力会社の質を不安がったり、今までどおり大手電力会社と契約していれば、停電があったとき優先的に復旧してもらえる、新しい電力会社より実績があるから安定して電力が供給される、などの思い込みをしていませんか?

電力小売全面自由化は、安定供給が前提の国の施策

 電力小売全面自由化は、国の施策である電力システム改革の一つです。
遡ること2011年3月、東日本大震災そして福島第一原子力発電所の事故を契機に、一部地域で電力供給が不安定になったり、全国の原発が一斉に点検という名目などで稼働を停止したことで電気代が高騰してしまいました。

 そこで政府は、2013年4月に「電力システムに関する改革方針」を策定し、次の3つの柱を中心とした改革を行うと発表しました。どれも電力の公平的な安定供給に欠かせない役割になっています。矢印はその後の具体的な内容です。

1 電力の広域的運用の拡大を図る
⇒ 2015年4月 電力広域的運営推進機関の設立

2 電気の小売業への参入全面自由化
⇒ 2016年4月 電力小売全面自由化開始

3 法的分離の方式による送配電部門の中立性の一層の確保
⇒ 大手電力会社の発送電分離化(発電・送配電・小売)し、そのうち送配電を中立化
  2020年4月 送配電部門の「法的分離」が実現(沖縄電力は、地域的事情により発電・小売部門との兼業を認可)

新電力がコケてもヘマしても大丈夫!電力の広域的な運用・コントロール

 電力システム改革の第1弾として、2015年4月に電力広域的運営推進機関が設立されました。以前は、送電網の規約の関係で他の大手電力会社エリアから不足している他大手の電力会社エリアへ不足分の電力を補うことができませんでした。

 東日本大震災の年に東京電力エリアで計画停電が実施されたのを覚えている方がいると思いますが、他エリアから電力の融通ができれば、このようなことにはならなかったのです。このような課題を克服するため、次の役割を担う広域機関が設立されました。

① 全国規模で平常時・緊急時の需給調整機能の強化
② 中長期的な電力の安定供給の確保
③ 電力系統の公平な利用環境の整備

 

 広域機関は新電力を含む小売電気事業者に対して電力供給計画を提出させて、全国の電力供給をコントロールしていますので、電力不足はもちろん仮にどこかの新電力の発電がトラブっても、他の電力を融通できるようになっているのです。(←電力は有限です。特に電力不足が起きやすい季節は節電を心がけましょう

 また、新電力が倒産・休業した場合大手電力会社から分社化した送配電会社等が最終保障供給約款に基づいて、その新電力を使っていた世帯に一定の期間だけ電気を供給することになっています。その新電力と契約していた世帯は、その間に新しい電力会社と契約をすれば良いのです。

 だから、電気が止まるのは、貴方が電気代を滞納した時か、自然災害、発電資源不足、あるいは電気を送る系統のどこかで異常・故障が発生した時だけでしょう。もっとも、その時は大手電力会社であろうと新電力であろうと、電気が止まるのは皆同じです

お得に選べる電気・魅力的になった電力供給

 電力システム改革の第2弾として、2016年4月から電力小売が自由化となりました。それまで事業者向け高圧・特別高圧電力の小売は行われていましたが、低圧つまり家庭向け電力は大手電力の1社独占でした。

 この自由化により、安価で家庭に電力が供給できるようになっただけでなく、おトクなポイントが付いてくるものや、ガスとの併用購入で割引になるプラン、太陽光・水力発電など二酸化炭素の排出が少ないクリーンな再生可能エネルギーを主源とする新電力を選べるようになりました。


 なお、よくある疑問としては下記のものがあると思いますが、すべて経済産業省資源エネルギー庁が答えていますので、参考にしてみると良いでしょう。

 

電力会社の選び方

 電力供給の安定性については、もうおわかりいただけたでしょうか?

 あとは電力会社の選び方なのですが、前述したように、二酸化炭素の排出量が極めて少ない、クリーンな太陽光・地熱・バイオマス・水力発電等発電を採用している電力会社もあるので、そういう企業を応援するという意味で選んだり、地元の電力会社の電気を使う地産地消的な意味で選ぶのは、もちろん正解です。しかし、このブログではお得な情報を書いている以上、やはり電力料金比較サイトを使って選ぶことをおすすめします

 大手電力会社から新電力に切り替える場合は安くなることが多いのですが、電力の契約は30A以上しかないものが結構あります。低アンペア(10A、15A、20A)採用世帯に住んでいる場合、新電力に乗り換えるとかえって割高になる場合もあることから注意が必要です

 そのほか新電力は、中途解約の違約金制度の有無も押さえておかなければなりません(転勤族は要注意事項!)

 このように、電力会社選びは気にしなければならない要素もありますが、電気料金比較サイトでシミュレーションしてみると、えっ、電気代ってこんなに安くなるの?!」と夢中になってしまいますよ

 もちろん新電力に切り替え済みの世帯でも、違う新電力への切り替えが可能です。大手電力会社も格安プランを発表していますし、日々安いお得なプランが誕生してますので、時々調べてみるのもよいかもしれません。

私は楽天でんきを使ってます

楽天のでんき

その理由としては、こんなところでしょうか。

・貯まった楽天ポイントで電気料金の支払いが可能(何と期間限定ポイントでも払えます!)
・楽天ポイントではなく楽天カードで支払えば、100円ごとに1ポイント(楽天ポイントのこと。以下同じ)もらえる
・電気料金200円ごとに1ポイントもらえる
・楽天SPU(楽天でんき)+0.5倍の条件達成

今すぐ楽天でんきの詳細を確認する

 

私は特段、政府の信者ではありませんが、国の電力システム改革については良い評価をしてもいいんじゃないかなと思ってます。離島への安価で安定した電力供給や、緊急時の北海道への電力供給力の弱さ(本州と北海道を結ぶ北本連系・新北本連系の出力不足)など課題はありますのが、今までも官民一体の努力で電気代が安くなったのですから、引き続き国が一つになって課題を解決していってくれればと願ってます。

 

(参考サイト:経済産業省資源エネルギー庁様、電力広域的運営推進機関(OCCTO)様、新電力ネット様、楽天でんき様)


※1.当サイトに不備があったことが原因で損害を被った場合、当サイトでは一切責任を負いませんので、ご了承願います(必ず公式サイトの内容も確認してください)。 / ※2 .電力会社の選択や、お買い物、各種サービスのご利用等は自己責任でお願い致します。当サイトにおいて一切の費用負担、賠償を致しません。/ ※3.バナーの引用元:rakuten.co.jp。当サイトで引用している画像、バナーは閲覧だけに留め、絶対にコピー・保存・使用等しないでください。

電力小売全面自由化
これからも生活に役立つ記事をあなたへ
><広告> THE THOR(ザ・トール)はブロガーにとって心強い味方です

<広告> THE THOR(ザ・トール)はブロガーにとって心強い味方です

当ブログでも採用しているWord Pressテーマ「THE THOR」はデザイン性・機能性・利便性・SEO対策・収益面などあらゆる場面で力強いサポートをしてくれます。ぜひ一度公式ホームページをご覧ください。

CTR IMG