サイト内検索窓

貴重品紛失対策グッズ・スマートトラッカーTile Mate(タイルメイト)を一年間使った結果

アイキャッチ画像

今回は、貴重品紛失対策グッズであるスマートトラッカー「Tile Mate(タイルメイト)」をご紹介します。

あれっ、財布が見当たらない!? 家の鍵はここに置いたはずなのに!

アナログのアイテムは、スマホとかと違って家の中にあったとしてもなかなか見つけにくくありませんか?

特に財布!お金もそうですけど、大事なクレジットカードを入れておいた時はもの凄く焦りますよね。

私の場合、そういう大事な物に限って、変なところに置きっぱなしにしておくことがよくあります。洗濯機のそばとか、本棚の本の上とか、プリンターの紙が排出されるところとか、もう我ながら意味不明です笑

こんな変でどうしようもない私でも安心!スマートトラッカーというものがあるんです。

 

スマートトラッカーとは

スマートトラッカーとは、BluetoothやGPS探知でスマートフォンに位置情報を表示することができるアイテムのことです。「スマートタグ」、「忘れ物防止タグ」ともいいます。

 

Tile Mate(タイルメイト)ってどんな感じ?

画像01

今回紹介するのは、スマートトラッカーの中でも一目置いた「Tile Mate」。2020年の12月、偶然ネットでこのアイテムを発見!その特徴を調べていくうちに、これこそ私のために存在するアイテムだ!と思い、ポイ活で稼いだAmazon ポイントをはたいて購入してみたのです。

仕様

・名称: Mate(電池交換版)

・寸法: ‎W3.5 x H3.5 x 厚0.62(cm)

・重さ:約20 g(電池含)

・外観:プラスチック

・電源:CR1632型リチウム金属 電池(付属、交換可能)

・最大接続距離 45m

・スマホからの操作でメロディが流れます

(引用:thetileapp.jp,amazon.co.jp)

 

見た目

・寸法も小さくて とても軽いので、邪魔にならない感じ

・色使いもあって他の小物より目立ちもせず、自然と一緒に溶け込むような印象

 

使用環境

・スマホ端末にアプリを導入すれば、Android OS、iOSどちらからでも操作可能

App Store
Google Play

 

・ 一年間、Andoroidoスマホを探知端末にして、折りたたみ財布と鍵(キーホルダーに取付)で使用してみた。

 

どんなことができる?

・Tileを鳴らす(スマホから、またはアレクサ搭載機種から 〔⇒後述します〕)

・スマホを鳴らす(Tileのマークをダブルクリック)

・最後に検知した場所を記録してスマホで表示(有料プランで過去30日間すべての検知場所を記録できる。)

・コミュニティで探す

・誰か(1人)とTileを共有(「1人」のところは、有料プランで「無制限」にアップグレードできる。)

 

設定方法

公式サイトに書いてあるとおり設定

 

一年間使ってみた感想

画像04

 

結局のところどうだった?

「総合的に考えると断然良い感じでした」

◎ 冬道を散歩して転んだときに鍵を落としてしまい、後から気がついて転んだ地点に戻ってスマホでメロディを流し、無事雪の中から鍵を発見できました。

 

× 2021年の途中までは、頻繁に更新を行っていたからか、使っているスマホと相性が悪かったのかは不明ですが、導入したアプリがスマホのBluetooth再起動を頻繁に指示。指示どおりにやってもTileと接続できないことがほとんどで、使わない時期もありました。

 

◎ しかし、2021年後半くらいからでしょうか。そういったトラブルもなくなり、たまにテストしても普通にメロディが鳴るので安心して取り付けたままでいられました。

 

◎ Echo Show 5などのAmazonのアレクサ搭載機種でTileを鳴らせることがわかり、家の中で紛失した場合であればアプリを経由しなくても「アレクサ、○○を探して」と言えば、最後にTileを認知した住所を教えてくれて、近場にあればTileを鳴らしてくれます。

 

◎ 2021年の途中まで、「tile」と書かれた円形マークを軽く押してしまっただけでメロディが流れる仕様だったけど、最近は長押ししないと反応しなくなったようで、頻繁にバージョンアップしている感じに好感が持てました。

 

△ 実際の電池交換時期は、使用を開始してから半年後くらいでした。ただ、電池は普通の家電量販店で500円もいかない価格で買えます。今のところ不具合を起こす様子もないので、長い目で見れば電池交換不可の使い捨てタイプを買うよりコスパは良いと思います。

 

? 年間会費3,600円(月額360円;いずれも税込金額)のTile Premium(タイルプレミアム)という有料プランがあるものの、今のところ特に必要性は感じていません。

 

有料プラン「Tile Premium(タイルプレミアム)」とは

画像03

なあーんだ、結局課金なのかぁ、、ではなく、有料プランにしなくても普通に活躍してくれます

でも、有料プランには次の機能があって、なかなか便利だと思いますよ。

プラン

年間会費3,600円(月額360円;いずれも税込金額)

スマートアラート

・Tileから離れたときスマホに通知してくれる機能。忘れ物防止機能と言えそうです。

 

共有無制限

・Tileを家族とか友達など複数人で管理できる機能。家族で、友人達で大事にしているものにTileを付けておけば便利ですね。

 

ロケーション履歴

・無料 ⇒ 最後に検知した位置情報のみ記録

・Tile Premium ⇒ 検知した位置情報の履歴を過去30日間分記録

 

購入後3年間保証

・無料の場合は1年間だけ。

・機種によっては3年間保証できないものもあります。

 

まとめ

まとめ

2022年に新機種(4種)が発売されてますね。いずれもブラック(黒)の外観なので好みが分かれるかもしれません。

残念ながら節約をモットーとする弊ブログでは、今持ってるTile Mateで十分満足してますので、今のところわざわざ最新機種を購入してレビューしようという考えはありません。

今回レビューしたタイプもまだまだ販売されてますので、よかったら公式サイトや購入ページをご覧になってみてはいかがでしょうか。

Tile公式ページはこちら

 


本記事の情報や お問い合わせ機能は、必ず弊サイトのプライバシーポリシーをお読み頂いた後 ご活用願います。

Tile Mateの画像引用(thetileapp.jp 及び amazon.co.jp)

 

アイキャッチ画像
これからも生活に役立つ記事をあなたへ
><広告> THE THOR(ザ・トール)はブロガーにとって心強い味方です

<広告> THE THOR(ザ・トール)はブロガーにとって心強い味方です

当ブログでも採用しているWord Pressテーマ「THE THOR」はデザイン性・機能性・利便性・SEO対策・収益面などあらゆる場面で力強いサポートをしてくれます。ぜひ一度公式ホームページをご覧ください。

CTR IMG