楽天市場 5と0のつく日 ポイント5倍キャンペーン 注意点を含めて解説します

こんにちは!

今回は楽天市場で恒例のポイントアップキャンペーンである

「毎月5と0のつく日はエントリー&楽天カード利用でポイント5倍」について要点を解説します。

 

キャンペーンの内容

5と0のつく日

まず始めに、キャンペーンの内容はこうです。

 

毎月5と0のつく日になったら、

① 上のバナーをクリックするなどしてキャンペーンのページを開き、

② そのページにあるエントリーボタンをクリックして

③ その日のうちに楽天カード(ゴールドカード、プレミアムカードを含む)で買い物をすると

④ 後日、+2倍分の楽天ポイント(使用期間限定)が付与されます

 

次に、キャンペーン参加の条件ですが、

・楽天市場(楽天ブックス・楽天Kobo・Rakuten Fashion含む)で買い物をした分のみ有効
・楽天カード(ゴールド・プレミアム)で支払うこと
・毎回、5と0が付く日にこのキャンペーンにエントリーすること(月に1回だけエントリーとかじゃなく、毎回必要)

上の3つすべてと当てはまらなければなりません。

特に、楽天初心者の方にとって、上から1番目と2番目は大事です。

このキャンペーンは、街でのお買い物には適用されませんし、楽天ポイントで支払いを済ませてもこのキャンペーンは適用されないということなのです。そして、もっと端的に言うとこうなります。

・楽天市場で買い物をしない人、または
・楽天カード(ゴールド・プレミアム含む)を持ってない人
じゃあ、楽天ポイントが5倍になるんなら、年会費無料のノーマルな楽天カードを作ったほうがおトクだよね、と思ったあなた。
『ちょっと待ってください!』
 

このイベントでもらえるポイントは実質+2倍だけ

次に、この表をご覧ください(2021/3/31までの楽天市場で買い物をした場合の楽天ポイント付与等のルール

これからポイント5倍(ゴールド、プレミアムは7倍)の内訳を確認してみます。

「倍率」の項目に沿って上から順に見ていきましょう(^^)

① 一番上のお買い物通常ポイントは『1倍』、これは楽天会員が普通にもらえるポイントです。

<< その下からは、【SPU】楽天カードご利用分の欄になります  >>

② 上から2番目の「楽天カード利用通常ポイント」ですが、これは楽天カード類を利用して買い物をするともらえる楽天ポイントが「+1倍」されます。

「+1倍」の「+(プラス)」というのは、一番上のお買い物通常ポイント『1倍』にプラスされるという意味なのです(以下、+はすべて同じ意味)。

③ その下の楽天カード利用特典ポイント+1倍は文字通りの意味ですが、上のカード利用通常ポイントと違うのはもらえる楽天ポイントが期間限定ポイントというもので、通常もらえるポイント(最短使用期限1年)と比べて、結構使用期限が短いです。

<< 以上、ここまでの合計倍率は(1倍+1倍+1倍)で 合計3倍ですよね >>

④ さらにその下の2つは、ノーマルの楽天カード以外、つまり「楽天ゴールドカード(2021/3/31まで)、楽天プレミアムカード類」で買い物をするともらえる利用特典ポイントがさらに+2倍されて合計5倍になります。

ここまでで注意しなければならないこととして、②~④までは楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)でもらえる楽天ポイント

つまり、①~④までもらえる楽天ポイントは、このキャンペーンがなくても楽天市場で買い物をして、楽天カード類で支払えば普通にもらえるものなのです

⑤ 最後に一番下の「5、0のつく日特典ポイント」です。 このキャンペーンでもらえる楽天ポイントのことですが、文字通り5、0のつく日にエントリーして、楽天カード類で買い物をすると+2倍になります。

⇒ 楽天カード(2021/4/1以降、楽天ゴールドカードを含む)で買い物をした場合は、3倍+2倍=合計5倍

⇒ 楽天ゴールドカード(2021/3/31まで)、楽天プレミアムカード類で買い物をした場合は、5倍+2倍=合計7倍

おわかり頂けたでしょうか?

どの楽天カードを使っても、このキャンペーンでもらえる楽天ポイントは+2倍だけなのです。

 

「お買い物マラソン」「スーパーSALE」の買い回り、その他キャンペーンを併用しよう

買い回りイメージ

楽天市場で不定期に開催される買い回りキャンペーンとして「お買い物マラソン」(1月に1~2回)や「スーパーSALE」(四半期に1回)があります。

これらは、楽天市場内を最大10ショップまで、1ショップ1,000円(税込)以上ずつ買い回れば、楽天ポイントが多くもらえるというものです。

キャンペーンは6日間ほど実施され、実施期間中はほぼ「5と0のつく日」があるので、買い回りキャンペーンと併用できるのです

楽天ポイントは、こういった買い回りキャンペーンと、今回紹介したものやその他のキャンペーンを併用して、大量に獲得するのが醍醐味なんですよ。

 

買い回りキャンペーンと併用するべきその他の理由

買い回りキャンペーン期間通には、このほかにも「対象ショップ&39ショップで3,980円(税込)以上お買い物をしたらポイント2倍」や「リピート購入でポイント2倍」キャンペーンが実施されている場合があるのです。

これ以外にもポイント10倍キャンペーンを独自に展開しているショップも多いので、買い回りキャンペーン期間中は最も多く楽天ポイントを稼げる期間なのです。なので、楽天市場で最も賑わう期間ですね。

それと、もう一つのメジャーなキャンペーンがあって、楽天が応援しているプロスポーツチーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」「ヴィッセル神戸」「FCバルセロナ」が試合に勝った次の日は、エントリーでポイント2~4倍(実質+1~+3倍)になるというものです

(オープン戦・二軍戦・プレシーズンマッチ・スペイン国王杯等、対象外の勝利があるので注意!)

3チームが同じ日に試合をするのはあまりないことですが、3チームとも勝つと次にの日はポイントが4倍(+3倍)になるキャンペーンにエントリーできますので、同じ日に試合があるときは必ずチェックしましょう。

 

 

買い回りキャンペーン中の攻略法

◎ 売り切れ必至の人気商品は、キャンペーンに関係なく見つけ次第買おう(高額転売品を除く)。

◎ 上に書いたとおり、楽天が応援しているプロスポーツチームが3チームとも試合がある日は、お買い物を待ってみましょう。3チームとも勝利したら次の日にエントリーして買い物をします。

◎ 上の丸2つに該当しないときは、次の2パターンに分けて考えよう。

(1) 楽天ポイントだけで買う場合 ⇒ 今回紹介した「5と0のつく日」は無視し、「スポーツ勝利の次の日」キャンペーンを狙って買うようにしよう。

(2) 楽天カード類で買う場合 ⇒ 今回紹介した「5と0のつく日」に楽天カード類で支払って買うようにしよう。ただし、プロスポーツチームが2チーム勝った日の翌日のキャンペーンは3倍(+2倍)となり、「5と0のつく日」と同じ倍率になるので、先にスポーツで+2倍になった場合は、買い物をしてしまって構いません。

 

まとめ

ネットショッピング

現在、楽天市場には上記以外のキャンペーンとして毎月1日の「ワンダフルデー」、18日の「いちばの日」がありますが、最近の買い回りイベントはこの両日を避けて開催されています。

また、超ポイントバック祭というのもありますが、楽天ポイントを稼ぐには、買い回りキャンペーンと比べてポイントの倍率が少ないです。

やはり一般的には、楽天市場では買い回りキャンペーン期間中に「5と0のつく日キャンペーン」を併用して買い物をします。

さらに楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)でもらえる楽天ポイントの倍率を稼いでいればなお良いので、こちらも覚えておくようにしましょう。

さて、今回紹介した「5と0のつく日」キャンペーンのまとめです。

① 「5と0のつく日」当日、キャンペーンにエントリーして、

② 楽天市場で買い物をして、楽天カード類で支払いをすると

③ 楽天ポイントが+2倍分だけ、期間限定ポイントとしてもらえます。

もう覚えていただけましたか?

 

以下は参考記事です。読んで頂ければ、キャンペーン等の併用について、より理解が深まると思いますのでおすすめです。

楽天SPU記事

(本記事は、2021年6月1日の楽天SPUについて記載。以降は新しい情報を入手次第、追記していきます。)楽天SPUとは楽天SPUは、対象のサービスを契約・利用することで、楽天市場で買い物をするときのポイント還元倍率が最大15倍になる[…]

アイキャッチ画像
お買い物マラソン記事

(注:2021/6月 追記:2021年2月以降のお買い物マラソンの獲得上限ポイント、そして同年6月におけるスーパーSALEの獲得上限ポイントは7,000に下げられております。)楽天市場では、定期的に「お買い物マラソン」や「スーパーセ[…]

お買い物マラソン

 


※当ブログの情報を活用してショッピングをする場合は、必ず事前にプライバシー・ポリシーをご覧ください。

これからも生活に役立つ記事をあなたへ
><広告> THE THOR(ザ・トール)はブロガーにとって心強い味方です

<広告> THE THOR(ザ・トール)はブロガーにとって心強い味方です

当ブログでも採用しているWord Pressテーマ「THE THOR」はデザイン性・機能性・利便性・SEO対策・収益面などあらゆる場面で力強いサポートをしてくれます。ぜひ一度公式ホームページをご覧ください。

CTR IMG