楽天ペイの使い方・おすすめ利用法・おトクな情報

楽天ペイ

楽天ペイとは

楽天ペイとは

楽天ペイは、楽天会員が利用できるバーコード決済サービスです。
登録したクレジットカードや楽天ポイントを使って決済ができます。

楽天ペイアプリをスマホに導入し、スマホに表示したバーコードかQRコードを読み取ってもらったり、店舗が用意したQRコードをスマホで読み取ることによって決済が可能。クレジットカードを提示しなくてもクレジットカード払いができるため、クレジットカードを携行する必要がなく、お手軽で安全です(利用上限 ⇒ 公式ページ)。

楽天ペイの支払元(財源)として、クレジットカード、楽天ポイントなどの方法が選べて、かつ、方法によっては楽天ポイントも獲得できるので、おトクに買い物ができちゃいます。

楽天ペイが使えるお店(一部のコンビニ、ドラッグストア、スーパーなど)で、クレジットカードや、貯めた楽天ポイントを支払元として使えて、楽天ポイントももらえる。

 

こんな人におすすめ

・楽天ペイが使える行きつけのお店がある
・楽天市場の会員
・楽天カードを持っている人
・Suicaサービスで楽天ポイントが欲しい人

 

楽天ペイ利用可能店

⇒ 公式ページ (キーワード検索が便利です)

 

楽天ペイを利用するには

女性

 必要なもの

・スマートフォン(Android、iOS)
・楽天ID
・クレジットカード or 楽天銀行口座

スマートフォンに楽天ペイアプリをインストールし、楽天IDでログインすればすぐに使えるようになります。

 楽天ペイアプリの入手はこちら ⇒ 公式サイト

楽天ペイの支払い方法

バーコード決済

1 バーコード決済

楽天ペイアプリから支払い用コードを表示し、お店にスキャンしてもらう方法。コンビニなど、バーコードスキャナーがある店舗はほとんどバーコード決済

ほとんどの店がこの方法を採用しています

2 QRコード決済

お店が提示した専用QRコードを、楽天ペイアプリでスキャンする方法

一部レストラン、飲食店など

3 セルフ支払い

支払うお店と金額を自分で入力する支払い方法。席に座ったまま会計を終えられる。

飲食店やエステなどでみかける方法


⇒ 公式サイトで詳しい説明を見る

 

おすすめ利用法

楽天ポイントを支払元にした利用法(理由は後述)

設定方法

アプリトップや支払い確定前の画面にある「すべてのポイント/キャッシュを使う」という欄にチェックすれば、ポイントとキャッシュから優先的に支払われます。
⇒ 公式ページを参照

なお、支払い金額が楽天ポイント・キャッシュ残高より大きいと、差額分がクレジットカード支払いになります。


使える楽天ポイントには期間限定ポイントも含まれるので、これは結構助かります。
野菜売り場

スーパーマーケットは独自のカード・ポイントを導入していることが多いのです(クレジットカードでさえ使えない店もあります)。

しかし、2020年からのセブン&アイ・ホールディングス系のスーパー(「イトーヨーカドー」「ヨークマート」「ヨークフーズ」「ヨークプライス」「コンフォートマーケット」)(※)に次いで、楽天が買収した西友においても同年12月から楽天ペイが利用できるようになりました。
(※楽天ペイのほかに、数社のキャッシュレス決済を利用可能とした。)

西友では、運営する「LIVIN」や「サニー」でも利用可能。また、西友やサニーは、レシートアプリである「RakutenPasha(楽天パシャ)」でもおトクな限定トクダネが多いので、楽天ペイで楽天ポイント払いを使って楽天SPU条件達成(RakutenPahsaは+0.5倍)ができるようになったのは嬉しいです。

Rakuten Pasha(楽天パシャ)に関する関連記事(下記参照)

関連記事

今回はレシート画像を送信して楽天ポイントを貯める『Rakuten Pasha(楽天パシャ)』 について解説します。楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)の一つでもありますので、この記事を最後まで読んで要点を押さえておきましょう。[…]

Rakuten_Pasha

でも、それよりも嬉しいのが、生鮮食料品を扱う全国チェーンスーパーで楽天ペイ(楽天ポイント)が使えるようになったということ。

何を意味するかというと、楽天クレジットカードの支払いでは使えなかった期間限定の楽天ポイントを使って買い物ができるということ。楽天SPUで期間限定ポイントを稼いでいる楽天市場愛好家、電脳せどりを実践されている方にとっては朗報ではないでしょうか。

楽天ペイで買う生鮮食料品は、割高なドラッグストアではなく、全国展開のスーパーで

参考 楽天SPU(楽天スーパーポイントアッププログラム)で獲得できる楽天ポイントのほどんとは「期間限定」です。詳しくは下記記事を参照

関連記事

(本記事は、2021年6月1日の楽天SPUについて記載。以降は新しい情報を入手次第、追記していきます。)楽天SPUとは楽天SPUは、対象のサービスを契約・利用することで、楽天市場で買い物をするときのポイント還元倍率が最大15倍になる[…]

アイキャッチ画像

 

楽天ペイでSuicaが利用可能

JR改札

楽天ペイは、Suicaの発行・チャージ・利用ができて、交通機関や街のお店での支払いが可能です。
もちろん、使えば使うほど楽天ポイントも貯まります。

特徴 「おサイフケータイ®」機能が搭載されたAndroid™端末のみ対応。チャージできるのは、楽天ポイント(通常ポイント)および楽天カード(Visa、Mastercard、JCB、American Express)

ただし、下記楽天ポイントを利用して楽天ペイのSuicaにチャージすることはできない
・期間限定ポイント(⇒残念)
・提携会社から交換されたポイント (例:JCBカード、DCカード、Oricoカードなどの提携企業及び楽天証券等から交換したポイント)
・1回のチャージ上限金額は2万円まで
・1ユーザーあたり月間ポイントチャージ上限金額は10万ポイントまで
また、既にモバイルSuica以外の交通ICカードを利用している場合、端末によってはモバイルSuicaを利用できない場合がある。

楽天ポイントが貯まる・使える Suicaへのチャージに適した楽天ペイを詳しく見る

楽天ペイのおトク情報

ポイ活

楽天ペイでは、コード・QR払いでいつでも最大1.5%のポイント還元など、多くのキャンペーンを開催しています。
詳しくは
⇒ 公式サイト(スマホ決済用)
⇒ 公式サイト(ネット決済用)

 


当サイトの情報をご利用の際は、必ずプライバシー・ポリシーをご覧ください。

楽天ペイ
これからも生活に役立つ記事をあなたへ
><広告> THE THOR(ザ・トール)はブロガーにとって心強い味方です

<広告> THE THOR(ザ・トール)はブロガーにとって心強い味方です

当ブログでも採用しているWord Pressテーマ「THE THOR」はデザイン性・機能性・利便性・SEO対策・収益面などあらゆる場面で力強いサポートをしてくれます。ぜひ一度公式ホームページをご覧ください。

CTR IMG